ひなたがぽかぽかの園庭で光遊びをしました

冬は寒いけど、日本の太平洋側はおひさまが低い位置の晴れの日が多いですよね。今日は葛飾二葉幼稚園の年長さんとそんな冬だからこそできる太陽の光を使った自然遊びをしました。

目の前にある白い布は何?木の間に張った白い布を影絵のスクリーンに見立てて太陽スクリーン(太陽の光が光源なので)です。なにか人のような影が浮かび上がってきました。今日の遊びのプロはけろちゃんです。

まずは、アイスブレークの時間です。太陽の光といえば、定番の遊びは影踏みですね。一斉にお互いの影を追いかけて、体と心を温めます。。

一通り影踏みをしたところで、次は皆んなで横一列に並んで自分の影を見てみます。伸びをしたり、しゃがんだり、斜めになったり。一列の影が一斉に同じ形に変化します。

今日は5歳さんのみんなが光の研究員です。研究員は、ペットボトルの光の万華鏡、光の覗き眼鏡、キラキラボールなどを制作して、光の変化に出会いながらその不思議を研究します。

さっそく各コーナーに分かれて自分の気に入ったものの制作をしました。丸い形のペットボトルにカラーセロファンと水を入れると、ペットボトルの光の万華鏡の出来上がり。白い模造紙の上に置くと、太陽の光が水で屈折し、カラーセロファンのいろんな色が混じったり、動いたり、形を変えたりして、とてもきれいな光の投影ができました。

紙皿の中心をくり抜きカラーセロファンを貼ってそこから覗くとどんな世界が見えるかな?さっきの白い布のスクリーンに投影すると、セロファンの色が綺麗に投影されます。

透明なハリのあるビニール袋にカラーセロファンを細かく刻んで入れたら、キラキラボールの出来上がり。紐を括って木の枝にかけてみると、ビニールが太陽の光に反射して、いろんな色がキラキラして、とても綺麗な光に出会えます。

今度はけろちゃんが透明なシートを木の間に張っています。何をするんだろう。

余ったカラーセロファンをマイラーテープに貼り付けて、天の川の出来上がり。これをさっきの透明ビニールに貼り付けて、紙皿の色覗き眼鏡も一緒に貼り付けました。

地面を見てみると・・・。天の川の間に、カラフルな丸い宇宙船が飛んでいるのかな?

最後に研究員が制作した、光の作品を持ち寄って、太陽スクリーンにかざしてみました。いろんな色や形が浮きあがってきます。

今回はあえて、作り方の詳しい説明をしないで、子どもたち自ら工夫して制作をしてもらいました。たくさんの工夫と個性あふれる作品が生まれました。

【森のカメラマン】

谷川岳の見えるこども園で木やきのみを使って遊んだ

短く切った丸太、木の輪切り、どんぐり、松ぼっくり赤い木の実などたくさんの自然の素材を持ち込んでいろんなことをして遊びました。

それぞれの素材を何に使うかは遊びを進めるうちにわかってきます。

まずは園庭で自分のお気に入りの木を決めてその感触を確かめます。触っていると、冷たいとか、ざらざらしてるとか色々な言葉が聞こえます。

園庭の土の上に落ちている葉っぱを拾い上げると霜がついていました。落ち葉の周りに沿って氷のしずくがきれいに並んでいます。

感性が十分に開いたところで、次は知恵と体を使った競争遊びをしました。3チームに別れて短く切った色々な長さや太さの丸太の中から自由に選んで、積み上げていきます。一番高く積み上げたチームが勝ちです。

土台となる一番下に何を置けばいいのか。チームで相談しました。「太いのがいいんじゃない。」「できるだけ長いのがいいよ。」「平らなものはないかな?」

「なんか崩れそうだけどこの棒を立てられないかな?」じっくりバランスを取りながらなんとか倒れないように積む方法を集中して考えます。

形が決まった既成のものではない自然のものだから感覚も知性もフル稼働させる必要があります。自然とみんなの応援の声が聞こえてきます。

次はクリスマスにふさわしい遊びの始まりです。園で用意してもらった白樺の木の輪切りをスポンジケーキ(ダンボールで作ったオーブンで焼き上げてあります)に見立ててきのみのケーキを作ります。他に木粉粘土、どんぐり、赤い木の実、松ぼっくりなど。園庭に生えている草木も使います。

思い思いの材料を粘土の上に並べていきます。みんなパテシエになりきって自分の好きなケーキを集中して作り上げていきます。

出来上がったきのみのケーキたち。どれも美味しそう。一つも同じものはありません。お皿に乗せて紙も敷きました。

クリスマスパーティーの開催です。全員でクリスマスの歌を歌い、あか・あお・きいろ三原色の色水のジュースで乾杯しました。

乾杯といっても飲むわけではありません。お互いのカップに色水を入れ合います。あーら不思議。色が変わって違う色になりました。別のお友達と混ぜるとまた違った色になります。それぞれが個性のある素敵な色になりました。

気温は低かったけど、風もなく日差しが暖かかったです。心も体もホカホカになるたのしい活動になりました。

【森のカメラマン】

飯能の森で木こり体験を行ってきた

春に園庭で木の積み木遊びをした、戸田市のあけぼの保育園の5歳さんたちと今回は本物の木を切り倒す「木こり体験」をしました。

森は紅葉し始めで、見事な秋晴れの青空と優しい風が子どもたちを待ち受けています。絶好の行楽日和で園からの道は渋滞でちょっと予定より遅れましたが、子どもたちは森に向かう期待感でこころウキウキ・ドキドキです。いつもは道端の自然物の観察にたっぷり時間を使ってしまうのですが、今日は先を急ぎます。

森でみんなを迎えてくれたのは、春にも木の遊びを教えてもらった「とっつぁん」と「ゆかりん」です。これから体験する木こり体験や森のことを説明してもらいました。

実際に木を切る前に、森を五感で感じるために地面に寝転んで空を見上げます。木の間から見える空や、風が木々を揺らす様子、鳥の鳴き声などたくさんのことを感じて五感が研ぎ澄まされていきます。

いよいよ、木こり体験の本番です。まず、とっつぁんからのこぎりの使い方を教えてもらいます。「のこぎりはまっすぐに入れて、手前に引くと切れるよ。」安全に気を配りながら、自分たちで木を切っていきます。みんな木こりになりきって、力の入れ具合や、のこの引き方など、頭と体をせいいっぱい働かせているので、真剣ないい顔をしています。

木を倒す側に入れる三角の切り込みは今日は時間の関係でとっつぁんが作業をしました。ナタで割った切り粉の匂いを嗅いでみるとヒノキのいい匂いがします。「くだもののような匂いがする!」いろんな匂いの感想がでました。

倒す準備ができました。木にかけたロープをみんなが協力しあって引っ張ります。

やったー、迫力のある音とを轟かせて目論見通りの方向に見事に倒れました。みんな満足げな顔をしています。

倒した木をベンチ代わりにして座って、記念撮影をしました。

倒した木のてっぺんの方の枝にはヒノキの実がどっさりついています。今年はまだ青みがかっていますが、乾燥すると、茶色くなってサッカーボールみたいな形になります。いろいろな遊びに使います。

今日の活動の終わりにゆかりんが絵本を読んでくれました。森で体験したことがよみがえって、すーっつと心に染み込んでいきます。自然の環境とみんなの協調があり、子どもも大人も大満足の一日になりました。

継続して「木こり体験」を保育に取り入れている園の子どもたちなので、森に入ることに躊躇は見られませんが、経験がない子どもたちは森に入ることでさえできないかもしれません。だからこそ一歩足を踏み入れることで体験できることがあります。「また、森に行きたい。」このとっておきの経験が子どもたちのこれからの生き方に少なからず影響を与えることでしょう。

【森のカメラマン】

水とドロであそんだ

清心幼稚園のイベント「べちゃ、ばしゃ ふぇすてぃばる」が開催されました。5歳さんが水やドロでいろんなあそびをしました。ウレシパモシリのメンバーも入って一緒に楽しみました。

最初は水運びリレーです。ビニールシートを4人で持ち、水を真ん中に入れて運びます。できるだけ中の水をこぼさないように工夫しながらゴールのたらいまで運びます。

速さだけでなく、どれだけたくさんの水を運べたかが勝負の分かれ目。水を移したら次の4人にバトンタッチします。

チーム全員が運び終わったところで、たらいの水をペットボトルに移します。どのチームが勝ったかな?キャップの裏に絵の具を仕込んでペットボトルをふるとあら不思議、運んだ水に色が付きました。これで勝負がわかりやすくなったね。青チームの勝ちー。

水運びリレーでできた3色の水をみんなでプラコップに分け合って乾杯をします。3色の色水を少しづつ注ぎあうことで色が混じって、はじめの色とは違う色になっていきます。どうして色が変わるんだろう。不思議だねー。

できた水の色はどれ一つ同じものがありません。子どもたちの多様性を表しているかのようです。虹色に並べてみるのも素敵です。

竹の半割りを組んで水路を作りました。水が流れていく様子を見るのも面白いし、うまく水が流れるように、工夫していろんな水路の形を作ってみるのも面白いです。簡単に繋げたり、組み上げたりできないからこそ工夫が必要で集中して遊びます。

土の山に水を運んでドロの池を作りました。はじめは嫌がっていた子も入ってみるとドロの感触の気持ちよさに魅了されます。

外専用のテーブルを使って左官屋さんごっこ。コテなどの本物の道具を使うことで大人の気分になれます。塗ったドロを指でこするとテーブルの白い表面がでて、絵がかけます。何度でもやり直しが可能なキャンバスです。

最後は先生が水道ホースを使ってシャワーの雨を降らせてくれました。みんなは濡れないように透明のビニールシートや傘で防御します。子どもたちの興奮はマックスに達しました。

ドロで汚した服は自分たちで洗って干しました。すぐにドロを落とすことで、落ち易くなり、保護者の負担も軽くなります。親子の会話も増えるかもしれません。

木の実と山ももの実を飾ったチョコレートケーキ
左官やさんごっこで木の板に塗った土の上に紫陽花の花びらを散らしました。
紫陽花の紫が際立ちます。
半割の竹にドロを詰めてその上に花などを載せました。インテリヤ?オブジェ?
泥だんごに松葉を指して、不思議なものを作ります。
最後は更に載せて和菓子のようなお菓子になりました。

泥遊び作品展:見本も、作り方も、何を作るかも先生からの指示はありません。ひとりひとりが、作りたいものを自由にイメージを膨らませて作ります。自分の内側から出てきた「したい」が形になり、周りに認められると、その子には大きな自信になることでしょう。

【森のカメラマン】

森に水と出会いにいった

青梅幼稚園の5歳さんと森に水との出会いに行きました。

葉っぱを持った先生がいつものように森の入口に門を作ってくれました。門をくぐって、足を踏み入れると、これから始まる森あそびを思い心が踊ります。

森にご挨拶の後、目をつむって森の音を聞いてみます。鳥の声、風が木の葉を鳴らす音、川のせせらぎ、いろんな音が聞こえてきます。気付かなかっただけで、森の中にはいろんな音があるんだね。

スミレちゃんが不思議な水の姿の変化を描いた絵本を読んでくれました。森ではどんな姿の水に出会えるかな?

水との出会いを求めて思い思いの場所で遊びを始めました。

森の地面を掘ってみよう。何が出てくるかな?水が出てくるかも。

小川で治水遊び。どうしたら雨樋に水が流れるか、試してみます。

森の木を見上げると雨上がりだったので、雨粒がたくさん葉っぱについていました。

お昼を食べたあとは少し下ったところの小川で遊びました。カニを捕まえたり、石を拾ったり、川に手を入れたり。自然の中でたくさん遊ぶことができました。

【森のカメラマン】

森の木が園庭にやってきた!

埼玉の森から戸田市のあけぼの保育園にヒノキの木をまるまる一本持ちこみました。この木を園庭にならべて5歳さんたちと森の木に触れる遊びをします。

森に立っている木をそのままでは持ってこれないので、切り倒して、運搬できるようカットします。枝やはっぱもあります。

”とっつぁん”がこんなに高い木を切り倒したんだ。森にあった様子を掛け軸のようなながーい写真で説明します。

それじゃ、この木が元立っていたように園庭に並べてみよう。木を再現するには、丸太がどうつながっていればいいのかよーく考えて並べないとできません。まるでパズルのようです。みんなは話し合ったり、協力して運んだりして、再現していきます。

並べた木をよーく観察しています。立っている木ではできません。園庭に並べられたからこそできる遊びです。

パズルを完成させると、園庭いっぱいでも、並びきれませんでした。森に立っているときではわからない大きさや、枝の付き方を知り、木のてっぺんに触ることができます。鳥になった気分です。

どっちが高いか競争しよう。お友達が背の高さで並んでみました。結果はおんなじぐらいでした。みんなが協力し合て並ぶと、木の大きさよりも高くなります。

次に始めたのは、木の皮むきです。この時期のヒノキは簡単に皮がむけ、みずみずしい素肌が出てきます。なめると、甘いんだ。

みんなが夢中で皮をはぐとヒノキはあっというまに丸裸。

てっぺんの枝・葉っぱ、裸の丸太、履いだ皮は大事に取っておいて、楽しかった体験後の保育に生かされます。

【森のカメラマン】

「雨集め」保育者研修

梅雨が間近になりました。雨の日でも遊べる自然遊びの研修を横浜市の保育園で行いました。

雨合羽を着て雨ふる園庭に。いつものように、自然の空にごあいさつ。

雨の日だからこそ遊べることがあります。はじめにした遊びは「雨集め」。雨が小ぶりになってしまったので、直接容器に捕まえることはできませんが、葉っぱの上には雨粒がいっぱい残っています。

シロツメクサの葉っぱにもキラキラな雨粒が。雨粒は小さいけど、集めれば溜まっていきます。

遊具の鉄棒にも雨粒がたくさんついています。工夫しながら集めます。

雨粒集めはちょっとお休み。水たまりに葉っぱを浮かべて遊びます。

みんなが集めた雨粒がどれだけ溜まったか、並べて見ます。雨の多少だけでなく、どこで集めたか、濁っているか、透明かなど、集め方にも多様性があります。

みんなが集めた雨粒を合わせると、たくさんの雨粒になりました。山に降った雨は、地面に染み込み、湧き水になって、小川になり、やがて小川が集まって、大きな川の流れになって海にたどり着きます。このことを、ちょっぴり体験できた感じ。


コップの水をスポイドにとって桂の木のはっぱの上に垂らすと、キラキラの水玉ができました。桂のはっぱだけでなく他にも水を弾く葉っぱがあります。試してみてください。

絵の具で色をつけた色水を葉っぱに並べると、色とりどりの水玉が出来上がり。

色の水玉に和紙を重ねると色水が滲んで、思いもしない模様・形・色が現れます。何に見えるか想像してみます。

模様の出た和紙を窓辺に飾ると、和紙は透けているので模様が浮き出ます。わーっ、きれいという声が上がりました。子どもたちともやってみみましょう。心に浮かんだ声を聞き取ってあげて、作品に書き添えたり、子どもたち自身が文字を加えると思い思いの作品ができます。ぜひ試してみてください。

【森のカメラマン】


春の季節の草花遊び

葛飾二葉幼稚園のお友達と春の草花を使って、自然遊びをしました。

事前にふたばのはらっぱや、園庭などに咲いている花を積んできました。黒い色の布の上に並べるとミニお花畑のようです。

さいしょは摘んできたシロツメクサの葉っぱを使って、葉っぱ相撲大会の始まり始まり。3枚の葉っぱを三人で引っ張り合い、茎が一番長く残った人が勝ち。単純なあそびほど盛り上がります。

次は、五感を使って探す「みつけたあそび」。紙のコースターに書かれているもの(このチームは”丸い”もの)を集めてきます。他のチームには内緒にします。集めてきたものから他のチームの人に何を集めてきたのか、当ててもらいます。

色んな所に探しに行きます。どこにあるかな?

集めてきたものを園長先生が作ってくれた屋外用の机にならべて、みんなで見あって、何を集めたのか予想し合います。

これは、何を集めたの?そうそう、答えは「赤い」ものでした。もみじの葉っぱも、種もきれいな赤いろをしています。他にも黄色やつるつる、ふわふわなど、目だけでなく、感触や香りを探してあそびました。

今度は自分のお気に入りの葉っぱを画用紙に貼り付けて、思い思いのアート作品を創作しました。いっしょうけんめい作業を進めますが、葉っぱは平らではないので、なかなか付きません。それでもみんなは工夫しながら、集中して貼り付けていきます。

花も貼り付けて、花や草のクレヨンで色もつけました。みんなの絵には物語が詰まっています。先生が一人ひとりの子どもからおはなしをききとって、その場で付箋に書いてもらいました。

カラーコピーして製本すると、世界に一つのクラスみんなの絵本が出来上がります。

今回使った教材を並べてみました。他のクラスの子たちとも今日やった自然遊びをしてみてください。

【森のカメラマン】

春の自然と出会おう!

今日は青梅幼稚園の子どもたちとすみれちゃん達が春の自然に出会うために近くの公園にでかけました。

自然にご挨拶したあと、スミレちゃんが取り出したのは、いろんないろのカラーシート。ばらばらだった子どもたちが自然にみんながあつまって一緒に走り出しました。


「だるまさんがころんだ!」のだるまさんをちょうちょやトンボに変えて〇〇さんがころんだごっこをはじめました。みんな上手にちょうちょやトンボになっています。


「ダンゴムシがころんだ!」もうダンゴムシ以外には見えません。

和紙に草花をつけて草花クレヨンでいろを塗って鯉のぼりを作ったんだ。

白い画用紙にも好きな草花をつけて、お気に入りのちょうちょも作ったよ。

ベンチに図鑑や絵本や道具を置いて、虫と出会う準備完了。

ダンゴムシやありさんをじっと集中して観察します。その様子を先生たちが優しくみまもります。

思い思いの春に出会ったあとは、スミレちゃんがちょうちょの絵本を読んでくれました。たくさん遊んでたくさん出会った春の自然がこころに染み渡っていきます。

またあそぼうね!みんな満足げに園へ帰っていきました。

【森のカメラマン】

妙福寺保育園自然遊び「花」

練馬区の妙福寺保育園では、広い園庭、境内、そして境内の奥にある小さな雑木林を保育に活用され、長年、自然あそびを主体的な保育に取り入れていらっしゃいます。

妙福寺保育園には、「花遊びのための花壇」があります。

自分たちで種を蒔いて育てた花が、きれいに咲き誇ったので、それを愛でた後に、摘み草として花を摘んでは最後まで花を五感を通して楽しみます。

ただ手に持っているだけで嬉しい子。水を入れた器に花びらを浮かべて、お日様の下でその美しさに見とれる子。

お気に入りの草花をクレヨンにして好きなものを自由に描きます。

すり鉢で色を擦りだして容器に移し、草花の優しい色を楽しむ子・・・

おままごとのお料理の食材として工夫して楽しむ子。

それぞれが、花を通して、「自分らしく」楽しみます。

昨年の年長さんが作った手作りの図鑑もさりげなく置かれています。

遊びが継承されていて素敵!

ずーっと草花だけでも、集中して遊び込む姿がありました。

春のポカポカのお日様の下、子どもたちの幸せな時間が流れていきました。

【ケロ】