ウレシパモシリ
  • ウレシパモシリって何?
  • どんなことをやっているの?
  • プロフィール・活動実績
  • 講師・スタッフのご紹介


ウレシパモシリureshipamoshiriとは、
アイヌ語で「互いに育ち合う大地」の意。
森と子育て文化をつなぐ研究活動をメインに、
主に、保育園・幼稚園の現場で、子どもと自然をつなぐための、
指導者養成研修・講演、子育て講座を実施します。
園庭やお散歩に出かける公園での、身近な自然あそびから、
言葉の教育、環境学習まで、より豊かな育ちのための、
オールラウンドの子育て・保育環境の
実践的な活動や研究を進めて参ります。

おしらせ

関西版あんふぁん、ぎゅって6月号に自然あそびが紹介されました

関西版あんふぁん、ぎゅって6月号に自然あそびが紹介されました こどもりびんぐ社が幼稚園・保育園の保護者向けに発行しているフリーマガジンのあんふぁん、ぎゅって関西版6月号の「こまりんこさんのナルホド!外遊び術」のページにウレシパモシリの自然あそびが掲載されました。葉っぱや花、水、石などを使用した夏の身近な自然あそびが紹介されています。
(2021/06/02更新)

続きを見る

ちょっとの工夫で、発見がいっぱい
ご近所でOK!五感を刺激する「外遊び講座」

ちょっとの工夫で、発見がいっぱい<br />ご近所でOK!五感を刺激する「外遊び講座」 かの有名なビジネス書「プレジデント」を出版しているプレジデント社から子育て中のパパ、ママ向けに年2回発行されている「プレジデントベイビー0歳からの知育大百科2021完全保存版」にウレシパモシリの自然あそびの取材記事が掲載されました。

ちょっとの工夫で、発見がいっぱい
ご近所でOK!五感を刺激する「外遊び講座」

と題した、4ページの特集記事です。
(2021/05/04更新)

続きを見る

チャイルド本社の保育者向け冊子「POT(ポット)」の今月のテーマ遊びの欄に秋の自然あそびが紹介されました。

チャイルド本社の保育者向け冊子「POT(ポット)」の今月のテーマ遊びの欄に秋の自然あそびが紹介されました。 乳幼児向け絵本や保育図書、保育者向け雑誌でメジャーなチャイルド本社の月刊誌「POT(ポット)」の2020年9月号の今月のテーマ遊び欄にウレシパモシリ高橋京子が「秋の自然あそび」と題して自然物を使った代表的なあそびを紹介しています。秋の落ち葉やドングリを使った楽しい遊びの遊び方が掲載されていますので、本紙に紹介されているほかのあそびともども、実践していただきたいと思います。
(2020/08/09更新)

続きを見る

一覧を見る

決定版! 12か月の自然あそび87-高橋京子著-
きまま工房 木楽里 西川・森の市場