ウレシパモシリ
  • ウレシパモシリって何?
  • どんなことをやっているの?
  • プロフィール・活動実績
  • 講師・スタッフのご紹介


ウレシパモシリureshipamoshiriとは、
アイヌ語で「互いに育ち合う大地」の意。
森と子育て文化をつなぐ研究活動をメインに、
主に、保育園・幼稚園の現場で、子どもと自然をつなぐための、
指導者養成研修・講演、子育て講座を実施します。
園庭やお散歩に出かける公園での、身近な自然あそびから、
言葉の教育、環境学習まで、より豊かな育ちのための、
オールラウンドの子育て・保育環境の
実践的な活動や研究を進めて参ります。

おしらせ

2018年度 保育者研修「夏の芸術学校」にて講師を務めます

2018年度 保育者研修「夏の芸術学校」にて講師を務めます 7月25日(火)に、認定NPO法人芸術と遊び創造協会(旧芸術教育研究所)が主催する保育者研修「夏の芸術学校(東京会場:中野サンプラザ)」にて今年も「子どもと一緒に自然遊び」講座を受け持ちます。
詳細はこちら。
受講申し込み受付中です。
お問合せお申し込みはこちらまでお願いします。

(2018/05/10更新)

続きを見る

森林と市民を結ぶ全国の集い 2018 に登壇します

森林と市民を結ぶ全国の集い 2018 に登壇します 公益社団法人国土緑化推進機構主催、第22回「森林と市民を結ぶ全国の集い 2018 in 東京」変わり始めた「山」・「ひと」・「街」の分科会にて講演に登壇いたします。
日時:6月17日(日)9:30~ 場所:上智大学四谷キャンパス

分科会「育む」フォレスト・ラーニング ~森に学ぶ~に高橋京子が幼児保育の現場で実践している自然あそびについて報告します。
ご興味のある方は
申し込み方法:からお申し込みください。
内容詳細:でご覧ください。
(2018/04/22更新)

続きを見る

「決定版!12か月の自然あそび87」が出版されます。(10月13日(金)発売)

「決定版!12か月の自然あそび87」が出版されます。(10月13日(金)発売) ウレシパモシリが幼稚園や保育園など保育の現場で展開している身近な自然物を使用したあそびが、このほど協力園、講師陣、出版社、編集者その他スタッフの力をかりて「決定版!12か月の自然あそび87」(高橋京子著)と題して、新星出版社より刊行されました。

http://www.shin-sei.co.jp/np/isbn/978-4-405-07258-9/
(2017/10/05更新)

続きを見る

秋の自然あそび

秋の自然あそび 学研教育みらい発行の保育士向け月刊誌「あそびと環境0.1.2歳」10月号(9月1日発売)に、乳児対象自然あそびの園指導事例が紹介されました。

特集「秋の自然あそび」
自然を通して、あそびを広げる
(2017/08/19更新)

続きを見る

サブタイトル変更しました

ウレシパモシリのサブタイトルを-森と子育て文化をつなぐ研究会-から-保育と自然をつなぐ研究会-に変更いたしました。

(2017/08/09更新)

続きを見る

一覧を見る

決定版! 12か月の自然あそび87-高橋京子著-
きまま工房 木楽里 西川・森の市場