• ウレシパモシリって何?
  • どんなことをやっているの?
  • プロフィール・活動実績
  • 講師・スタッフのご紹介

おしらせ・トピックス

乳児の自然あそび特集

( 2016/03/17 更新)

学研教育みらい発行の保育士向け月刊誌「あそびと環境0.1.2歳」5月号(4月2日発売)に、乳児の自然あそびの園指導事例が紹介されました。

特集「自然とあそぼう!」
見る 聞く かぐ 触る で、自然がぐんと近くなる
おひさま編/草花編/雨の日編

限られた自然の都市の保育園の中でも、五感を通して子どもたちに身近な自然と楽しく出会わせてあげることができます。


春に向かうこれからの季節、園庭やお散歩に出かける公園では、足を止めて当たり前にある身近な自然に近づいてみれば、たくさんの命があふれていることに気付きます。

保育者があそび心をもつことで、子どもたちも自然の多様な命と楽しく出会うことができます。
お散歩で拾い集めた自然を保育に持ち帰り、日々の保育を外に持ち出してみてください。

乳幼児期の原初体験は、子どもたちの五感力を高め、豊かな感性と知的好奇心をはぐくみます。

身近な自然あそびを通して、子どもたちの育ちのエネルギーを高めていきましょう。

当たり前にある身近な自然と子ども、保育をつなぐあそび方が満載されてます。

ぜひ、明日からの保育にお役立ていただければ幸いです。